「エッセンシャル思考」-書いてあることはシンプル、だからこそ難しい

2017年6月12日

 

今日は「エッセンシャル思考」のレビューです。

この本は大きくわけて4つのパートからなっています。

 

エッセンシャル思考とは何か

まず、エッセンシャル思考と非エッセンシャル思考の対比と筆者の体験談を中心にエッセンシャル思考とはどういうものなのかを説明していきます。

 

何かを選ぶことは、何かを捨てること

世の中の大半のものはノイズである

 

といった示唆に富んだ言葉を聞くだけで、この本の面白さの一端を感じられるのではないでしょうか。

 

 

本当に重要なものを見極める技術

次に、エッセンシャル思考に不可欠なものの見方についてです。

決して難しいことを言っているわけではないのですが、

これを実際に徹底できている人はどれだけいるのだろうと思わせられるものばかりです。

 

 

重要でないものを切り捨てるための技術

断ることが苦手な人、何かを捨てるのが苦手な人、多いですよね。

そんな方にはぜひ一読をオススメします。

 

 

エッセンシャル思考を実践するためのしくみ作りの技術

このパートに書かれていることを自分の習慣とすることで、努力することなくエッセンシャル思考を発揮できます。

例えば

 

悪い習慣を変えるためには、行動自体よりも、それを引き起こすトリガーに着目すべきだ

 

といった具合です。

 

 

結論から言えば、この本はためになります。

誰が読んでも、一定の気付きを得られると思います。

そのぐらい書いてあることはシンプルで、納得しやすいものです。

 

しかし、だからこそ実践するのが本当に難しい。

 

何を捨てるか?何に全力を注ぐか?最も価値のある成果は何か?

もし今たったひとつのことしかできないとしたら、何をするか?

 

あなたは考えていますか?

 

選ぶ権利を手放すことは、他人に自分の人生を決めさせることだ

自分で考え、選ばなければ、他人の言いなりの人生になってしまう。

 

自分の生き方を考え直す、よいきっかけになる一冊だと思います。

スポンサーリンク

読書

Posted by ハレ


PAGE TOP