自己PRを書いてて就活はできるだけ早く始めたほうがいいよなと改めて感じた話

2017年6月12日

こんばんは。ハレです。

私事ですが春休みが終わると研究室配属についてのガイダンスがあり、希望者が多い場合は面接が実施されるそうです。

僕は行きたい研究室がはっきり決まっているので、面接が行われる場合に備えて準備をしているんですが、その途中でふと思ったこと。

僕の場合は去年の夏のインターンの選考がそうだったんですけど、志望理由とか自己PRとか、最初はどうしても自分から見て面白いことを書いてしまうと思うんですよね、たぶん。

なぜなら「人は自分のことをわかってほしい生き物だから」

自分の趣味とかガクチカ(学生時代力を入れたこと)とか、自分から見て面白いと思ったことを素直に書いて、自分はこんな面白い人間なんだぞって素直にアピールして、それが評価されて・・・って夢はたぶんみんな見ます。

ESのガクチカに○○書いたwww」ってツイート、みんな見たことあるでしょ?

あれは悪ノリ的ですよ的な保険をかけつつも、心のどこかでそれが評価されたらいいなって思ってるんですよ。

恥じることはないです。みんなそういう願望はあるから、絶対(笑)

僕もESで麻雀についてガチで語ったことがあります(笑)

 

それは当然そんなに上手くいくはずはなくて、すぱっとばっさり駄目出しされます。

相手からどう見えるかを考えていない自己PRは、ガシガシ突っ込まれます(笑)

もちろんきっちり受け答えなんてできません。

準備していないから。

そもそも自分の中ではストーリーが完結しているからどこに突っ込まれるかがわかんないんですよね。

そりゃもう冷や汗だくだくで、面接が終わると意気消沈して帰ります。

 

でもね、この段階って僕とても大事だと思うんですよ。

そういう段階を通って、「実感を持って」セルフプロデュースの必要性とか、客観視の必要性とかを学んでいくんですよ。

そりゃ就活を始める時に一通りは調べたし、そんなことは知ってるわけですよ、知識としては。

しかし「知っていること」と「使えること」には大きな差があります。

失敗をして学んだからこそ、次はもう間違えない。

 

もしかしたら最初から学生団体のメンターについてもらったり就活セミナーに参加したりして、お手軽に無難なESや自己PRで就活を乗り切る人もいるかもしれないけど、それはかえって不幸なことだとすら思う。

真剣な勝負をしたからこそ自分の血となり肉となるわけで。

僕はあのこっぱずかしい夏インターンの選考を経たからこそ、今研究室配属の準備をしっかりとできてるという実感がある(笑)

 

 

まーでもね、本番でそんな真似をしたらまずいわけです、当たり前ですけど(笑)

本番までにその段階は通り抜けておかないといけない。

だから僕が言いたいのは、なるべく早く動き出して、なるべく早くフィードバックをもらいましょうという話。

書いて満足しているだけじゃ永遠に前には進めないので。

ガチの選考でフィードバックをもらうことに価値があります。

なるべく早い段階でとりあえず1回真面目にやってみること。

そしてフィードバックをもらって、振り返ること。

これが大切だなと。

 

だらだらと失礼しました。

以上、ハレでした。

スポンサーリンク


PAGE TOP