僕の好きな漫画とお気に入りの台詞を紹介するよ

今日紹介するマンガは週刊少年マガジンで連載中の「DAYS」

左が主人公の柄本つくし君。右は親友の風間陣君。

高校サッカーを舞台とした物語です。

やはり自分がサッカーをやっていたのでスポーツマンガではサッカー物が一番好きですね。

「MAJOR」(野球)や「ベイビーステップ」(テニス)なんかも面白いですけどね。

他には「ホイッスル」「シュート」なんかもオススメのサッカー漫画です。

 

 

「DAYS」とは?

サッカー初心者柄本つくしが名門聖蹟高校サッカー部に入学し、様々な葛藤と戦いつつ成長していく物語です。

物語は柄本少年が高校に入学する直前から始まります。彼は優しさと素直さが持ち味のか弱そうな少年。

冒頭では幼馴染のバイト先に高校合格を報告しにいったところをガラの悪い同級生に絡まれています。

そんな柄本少年を救ったのが風間陣。

見た目とは裏腹に根はいいやつ!な風間少年との出会いをきっかけに柄本少年はサッカーの世界へと足を踏み入れていくのです。

 

 

「DAYS」の魅力は?

主人公が点を決めないところ

柄本少年はサッカー初心者。当然名門聖蹟高校の他の部員と比べるとド下手です。

しかし彼は自分にできることを考え抜き、走ります。誰よりも。何よりも。

そのひたむきな姿勢がチームに影響を与えていくのです。

 

優しさゆえの葛藤

生まれてから聖蹟サッカー部に入部するまで競争と縁のない世界で生きてきた柄本少年。

そんな自分を「戦いに向いていない人間」だと感じ、サッカー部に居続けていいのか葛藤します。

風間少年のアドバイスを受けて彼が出した答えは・・・?

 

その他の各キャラにも個性が立っていて、人間的な部分のドラマが少なくないのがこのマンガの特徴ですね!

「ホイッスル」「シュート」にも通じるものがあると思いますが、僕はそういうのが好きです。

 

 

僕のお気に入りの台詞

そんな「DAYS」に登場する僕のお気に入りの台詞がこちら。

 

深いと思いませんか?

 

これは柄本少年達の対戦相手、東院学園の選手について現役Jリーガーのキャラが言った台詞です。

中坊の頃はひょろひょろだった彼が「人は練習すれば必ずうまくなる」という思いで誰よりも練習を重ね、高校3年では立派なサッカー選手になりました。

 

 

結果が出なくても諦めない

すぐに思うような結果が出なくても悲観する必要も、諦める必要もありません。

昨日より0.01ミリでも前に進んでいれば、いつかは目標にたどり着けるのですから。

問題は「ほんの少しの成長を感じることができるかどうか」なのです。

以上、ハレでした。

 

記事中の画像は講談社「DAYS」10巻より引用させて頂きました。ありがとうございます。

スポンサーリンク

日記DAYS

Posted by ハレ


PAGE TOP