連続する2つの整数のうちその差異が最も大きいものは何か

2017年6月5日

こんにちは。今日も今日とてくだらないことを延々考えているハレです。

今回はちょっとした心理テストをします。

それがタイトルの「連続する2つの整数のうちその差異が最も大きいものは何か」というもの。

・・,-1,0,1,2,・・・,999,1000,1001,・・

と永遠に続く数列の中で、最も差異が大きい隣り合う2つの整数の組み合わせはどれか?

「差」じゃないですよ。差はすべて1ですからね。

もっと観念的、主観的な話です。

100は日常生活において満点であり、99と100の差は満点かそうじゃないかの違いを表してるから最も大きいとかそんな感じです。

ここで少し立ち止まって、あなたにとって差異が最も大きい組み合わせを考えてください。

 

 

 

 

 

 

さて、考えて頂けたでしょうか。

恐らくあなたは「0と1」か「1と2」を選んだのではないでしょうか?

そんなあなたはどんな人間か解説しましょう。

 

 

0と1の差が最も大きいと考える人

古代インドで確立されたと言われる0の概念。

何もない状態を数に表すことで数学は飛躍的な発展を遂げたと言われています。

0と1の差というのは、すなわち「ある」か「ない」かの差のことです。

また、ご存知の通り、0で割ることは定義できないなど0は四則演算において特別な数でもあります。

 

そんな0と1の差が最も大きいと考えるあなたはどちらかと言えばロジカルな人間でしょう。

論理的に物事を捉えるあなたはグループの中でも特に意見を要約し、とりまとめる役に向いています。

 

ところで、あなたは「0と1」という答えをかなり短時間で導き出しませんでしたか?

これは自分の常識に囚われやすく、二元論的な判断に陥りやすいあなたの弱点の表れです。

先入観にとらわれず、柔軟な発想をするよう心掛けることでよりよい第3の選択肢が見つかる場合もある、ということを常に心がけて生活すると良いでしょう。

 

 

1と2の差が最も大きいと考える人

1と2の差というのはすなわち「単数」か「複数」かの差です。

この答を選んだあなたは、心の奥底に「1人では何もできないが2人なら何でもできる」という人間中心の思想を持っています。

あなたは共感力に富み、他人を尊重できる人間です。

その人間性は周囲の人から高く評価され、あなたの周りには常に素晴らしい人がいるでしょう。

 

しかしながら、こうした人はえてして「自分1人では何もできない」と自分を卑下しがちなのです。

心当たりはありませんか?

そんなことはありません。類は友を呼ぶのですから。

 

 

その他の答を選んだ人

あなたは独特の着眼点を持った、とてもユニークな人間です。

ぜひその考えをコメント欄、Twitterなどで僕に教えてください。

 

 

最後に

この記事の内容は個人的な見解であり、一切の根拠は存在しません。

ちなみに僕は「0と1」派です。

スポンサーリンク

日記

Posted by ハレ


PAGE TOP