日本対シリア戦評・感想

先ほど行われたキリンチャレンジカップ日本対シリアは1-1の引き分けに終わりました。

以下印象に残った選手と試合の感想など。

吉田  いくつか軽率なミスはあったが、自らが守備の中心であることを証明した。
昌子 悪くはなかったが、決して良いとは言えない印象。連携面にまだまだ課題あり。
長友

アシストはしたものの全体的に見れば悪かった。全ての対応が後手後手だった印象。

一時的なコンディション不良なのか年齢による衰えなのか、とても日本のストロングポイントとは呼べない出来。

山口蛍

組み立ての点では全く物足りないのと、やや守備でつり出されすぎな場面が目につく。

日本代表には残念ながらソウザはいない。

とはいえいつも通りなので特に驚きもイライラもない。

倉田

前半は遠慮していたのかかなり手探り感があったが後半は流動的に攻撃に絡んでいく動きで及第点。

本田

インサイドハーフとしてパスを散らし、攻撃面で効果的な働きを見せていた。ボールを支配できる対戦相手なら未だベストな選択肢の1つであることを示した。

流動性が低いのと90分プレーできるとは思えないのがやや難点か。

今野

点は決めたものの存在感が薄かった。もっとも怪我明けであり評価は難しい。

というか今野にあのタスクを求めるハリルが悪い。

大迫

ポストプレーに抜群の安定感。

異次元のプレーを見せた。

出場時間は短かったが、効果的なドリブル突破とパスを見せた。

 

前半は組み立ての部分があまりうまくいかず、上手く大迫にボールが入った時に単発的にチャンスになっていた。

やはりアンカー山口蛍には常にこの課題が伴う。

久保はそもそもいい形でボールが入ることが少なかったというのを差し引いてもよくなかった。

後半は本田が組み立てに関与することでパス回しのスムーズさが格段に上がり、効果的な攻撃を繰り出せるようになった。

ただこの場合は本田のプレーエリアが狭いのでどうしても攻撃が右サイド偏重になってしまうのだが、乾が出てきてからは彼が内に絞ることでうまくそのスペースを使っていた。

本来は本田がやっていたような組み立てを香川に期待していたのだろうと思うが早い時間帯で負傷交代してしまったのは残念。

ボールを支配できる相手ならば本田インサイドハーフはかなり有効なオプションになると思うし、その場合左サイドは内に絞ってこれる乾のほうが相性が良いだろう。

 

残念なのは引き分けで終わった点。

それも後半立ち上がりのセットプレイという典型的なパターンでの失点。

そこはイラク戦に向けてきっちり修正していく必要があるだろう。(そういう意味ではむしろよかったのかもしれない。)

スポンサーリンク


PAGE TOP