初心者はブログを書く時見直さないほうがいいのかもしれない

ブログって、人柄や個性が伝わらないと読者が増えないです。

特化ブログはその限りではないですけど、専門性で差別化できない雑記ブロガーは何かしら、人によって物事の切り口だったりジョークだったりするわけですけど、他の人との差別化が必要です。

 

 

誰にでも書けるブログは求められていない

一言で言うとつまりこういうことで、初心者は得てして書くこと自体が目的になってしまいますが(それ自体は別に悪いことではないと思いますが)、誰でも書けるブログは誰にも求められていないのです。

何かしら「そのブログでないと得られないもの」があるから読者がつくわけです。

 

 

初心者はお上品になりがち

初心者ブロガーは、特に敬体でブログを書いてると一層その傾向が強まりますが、お上品で没個性的な文章を書きがちです。

ただこれってしょうがないことなんですよね。

大半の日本人にとって、これまで文章を書いた経験なんて国語の時間の作文や読書感想文ぐらいしかないんですから。

そこでは上品な文章を書くほうが無難に点数をとれるので、いい子な生徒ほどそういう文章に染まっていきます。

 

 

見直しの時間の功罪

そのことを自覚しないままブログを書くと、無意識のうちにその癖が出てしまうんです。

とくにそれが色濃く出るのは、書いている文章を見直すとき。

記事を書いたら見直しをして、冒険的な表現を無難に直して、笑えるかどうかわからないジョークを削って・・・

すればするほど記事の魅力が失われていくのに、経験的に、無意識にそれが普通だと思っているので気づくことができません。

それこそが自分にしか書けない部分だというのに・・・

 

 

理想の雑記ブログ

さて、心あたりのあるあなた。

まずはブログというものは今までの文章経験とは違うと気づくことが肝心です。

そして「自分独自のものを出せているか」という意識を常に持つこと。

最後のピースは「遊び心」

すなわち、自由に楽しんで書く心です。

勢いと笑いを大事にして、自分の感性を開放していく、そんなブログが雑記ブログの1つの理想形ではないかと思うのです。

 

スポンサーリンク

日記

Posted by ハレ


PAGE TOP