言葉に対する感度の問題

2017年10月12日

言葉の使い方っていうのは難しいよね。

例えば

・私はこれが好きだ

・私もこれが好きだ

この2つの違いっていうのは分かると思うんだけど、

 

・私はこれが好きだ

・私がこれが好きだ

この2つも微妙にニュアンスが違うよね。

 

親の教育の結果か小さい頃から本が好きだったからか、はたまた一時期ネトゲにハマってたからなのかは分からないけど、僕はたぶん、言葉というものに人より鋭敏だ思う。

意図せずして身についたものではあるけれど、この先も持ち続けていきたいなぁと思ってる。

 

それは何気ない言葉にこそ、その人の本質が現れると思っているから。

 

例えば

①週末空いてるから遊びに行かない?

②週末空いたから遊びに行かない?

③週末空いちゃったから遊びに行かない?

この3つも微妙にニュアンスが違う、と僕は感じる。

 

①「週末空いてるから遊びに行かない?」は一番フラットな言い方で、特に角が立つことはないかな。

 

②「週末空いたから遊びに行かない?」はもともと何か予定があったことを匂わしてはいるけれども、それがプラスのニュアンスなのかマイナスのニュアンスなのかまでは分からないかな。

例えば、「楽しみにしていたお出かけがなくなった」みたいなマイナスの出来事の結果かもしれないし、それとは逆に、「休日出勤がなくなった」みたいなプラスな出来事かもしれない。

後者ならば特に問題はないけど、前者であることがあからさまにわかるような物言いをしちゃったら相手はモヤモヤするかもしれないよね。

 

③「週末空いちゃったから遊びに行かない?」はもともとの予定が消えたことがマイナスであることがはっきり分かっちゃうよね。

さっきの例で言えば、「楽しみにしていたお出かけがなくなった」にあたるわけだけど、マイナスの状態を埋め合わせるために誘ってるみたいなニュアンスが相手に伝わっちゃうと角が立つこともありそう。

 

自分が明らかに品行方正であるっていう自信がある人は別だけど、そうじゃない人はシンプルな言葉を使ったほうがベターなことが多い。

「週末遊びに行かない?」ってシンプルに言えば余計なモノが伝わる可能性はない。

あるいは逆に、細部まで丁寧に描写するか。

「週末、休日出勤する予定だったんだけど先方の都合でなくなったんだよね!だから遊びに行かない?」

ちょっとくどいかもしれないけど、変に省いて変に伝わるよりはよっぽどいいんじゃないかな。

 

 

そういえば今話題の豊田議員について、昨日はてブのトップページに載ってたこの記事(豊田真由子さんと私の関わり)を読んだけど、その中で終わってるなって思ったのがここ。

 

よく覚えているのは、豊田さんがうちの高校の文化祭の時に話していた男の子のことを、私が気に入って、紹介してほしい、と話した時のことでした。
「ああ、あれでいいなら、あげるよ」。
その男の子は、豊田さんのお目当ての彼氏ではなく、たくさんいる男の友達の一人だったのです。

 

豊田議員の事件について僕は「秘書に暴言を浴びせた」ぐらいにしか知らないのであまり詳しくつっこむつもりはないけど、人のことを「あれ」なんて言う人に碌な人はいないと思うし、起こるべくして起こった事件じゃないのかな。

 

 

 

まぁ僕も、まだ22年弱しか生きてないけれど、経験上みんなそれほど日本語に気をつかっていないことは知っている。

でも、いやむしろだからこそ、僕はそれを重視するし、これからもしていきたいと思うんだ。

スポンサーリンク

小ネタ

Posted by ハレ


PAGE TOP