Jリーグクラブ別平均観客数推移(2008-2017)

データは例によってJ.League Data Siteから。

 

とりあえず全チームをひとまとめにした図がこちら。

 

 

上のほう以外訳が分からないので数チームごとに分けてみていきます。

 

 

他の追随を許さない圧倒的大正義は浦和。

傾向としては右肩下がりだがそれでもなお不動の観客動員数1位です。

 

2008年に2位だった新潟は2017年には5位まで落ちています。

J2に落ちた今年は恐らく更に観客動員数は減るでしょう。

 

 

続いては2008年時点での観客動員数中位グループ。

G大阪が2016シーズンに大幅に動員数を伸ばしているのは新スタジアムができた影響だと思われます。

 

 

2008年時点での観客動員数下位グループ。

C大阪の伸びが目をひきます。

また2008年時点では(2017シーズンJ1所属チーム中)最下位の観客動員だった鳥栖はJ1に昇格した2012年を境に大きく観客動員数を伸ばしていることがわかります。

 

 

どのチームを見てもJ2降格は観客動員数に大きなマイナスになると言えそうです。

特にC大阪と鳥栖(共に4枚目)、F東京(2枚目)などの例は顕著です。

 

次回は順位と観客動員数の相関を見ていこうと思います。