カテゴリー:読書感想・書評

概説西洋哲学史~なぜ日本に哲学は存在しなかったのか

なぜ日本に哲学は生まれなかったのか。 中学あるいは高校の社会の授業であなたはそう思いませんでしたか? 僕は全く思わなかったですね(笑) しかし言われてみれば、西洋史では「我思うゆえに我有り」のデカルト、「人間は考える葦である」のパスカルなど著名な哲学者が必ず紹介されるのに対し、日本史で哲学者が紹介されることはほぼありません。 近代になって西田幾多郎(1870~1945)などの哲学者が日本にも現れた […]

あなたもそろそろ経済学をちょっと語れるようになりませんか。

やはり自称意識高い大学生としてはね、経済学とかは自分の専攻じゃなくても語りたい分野じゃないですか。 かと言って経済学部の授業に半年出るほどの時間(と熱意)はないんですよ。 あと経済学と言えば数学じゃないですか。 僕、数学嫌いなんですよ。 というわけで「数式を使わない経済学の分かりやすい参考書とかあったら一瞬で読むんだけどな」とか思いながら気づけば3年ぐらいの時が過ぎていたんですよ。 そんな僕の積年 […]

金融業界を志望する大学生へ贈る、就活でこのまま喋れる「フィンテック」①

フィンテックという言葉自体は聞いたことがあっても、説明できる人は多くはないのでは?? 金融業界を志望する人のみならず、IT関連、コンサル志望の人達も一通りは説明できるようになっておいたほうがいいでしょう。  

「自分を操る超集中力」-タイトルの胡散臭さとは裏腹にすぐ実行できるメソッドをまとめた良書

  今日は「自分を操る超集中力」のレビューです。 著者はメンタリストとしてお馴染みのDaiGo。 僕は正直テレビでの彼のパフォーマンスにはかなりの胡散臭さを感じます(笑) しかし彼、実は慶應理工学部出身のエリートで、 毎日20冊の読書、経営コンサルタントとしての仕事、ニコニコ生放送への投稿など幅広い活動をこなしているのです。 びっくりですよね。 そんなDaiGoの活動の源となっているのは […]